%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

  • home
  • 受賞歴
  • 第1回『DMM CM AWARDS』動画コンテスト グラフィック賞受賞

受賞歴

第1回『DMM CM AWARDS』動画コンテスト グラフィック賞受賞

  • 受賞歴
第1回『DMM CM AWARDS』動画コンテスト グラフィック賞受賞
受賞日

2017/5/16

受賞・コンテスト名

第1回『DMM CM AWARDS』動画コンテスト

本学3年生狹間 優利美(ハザマ ユリミ)さんが第1回『DMM CM AWARDS』動画コンテストでグラフィック賞を受賞しました。

受賞した狹間さんにインタビューしました

なぜコンテストに応募したのですか?

大学からきたコンテスト情報を見て応募しようと思いました。

この作品は、

もともと感動する作品が好きで、自分でも「感動」をテーマに作品制作をしようと考えていました。このコンテストでは、DMMがおこなっている事業の中から、好きな事業をCMにするコンテストです。事業のページを一つずつ見ると、ロボットが、一人暮らしの家族・おじいさん・おばあさんがペットの代わりとして、人に寄り添うコンセプトが多かく、この事業のCM制作であれば、自分の考える「感動」を伝えられると思い題材にすることに決めました。

今までCM制作をしたことはありますか?

初めての経験でしたが、授業で学んだことを全て活用しました。
例えば、企画は、南雲先生の「発想論」で学んだ発想法で、絵コンテは、小倉先生の「基礎ツール演習Ⅲ」で学んだStoryboard Proを使い作成しました。After Effectsも、大島先生の「映像制作演習」で学んだことから作成しました。学んできたこと全てが今回の制作に活きました。

作品の見どころは?

「泣ける」をテーマにしています。コンセプトを見てから動画を見るともっと泣けます!

タイトル『ロボットがいる新しい生活』

コンセプトは温もり。この動画はストーリー性になっていて、死別した彼と彼女のお話を描いています。彼の優しさやロボットがいることの大切さなど彼女が感じる温もりを表現しました。
人間誰でも大切な人がいなくなってしまったら悲しいもの。いつまでも下を向いてばかりではいけないと分かっていても感じてしまう寂しさや辛さ。そんな時そばにいてくれるロボットがいる。おはようやいってきますなど、言う対象がいるかいないかで気持ちは変わります。
また今日を1日頑張ってみようと思えるかもしれません。人に与えるそんな力をわずかかもしれませんが、ロボットはもっていると思います。
ロボットが人間に与えられるものは何か、いろいろ考えながら作成しました。

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤B
  • AO4o12/12i΁j
  • ʓot
  • C^[lbgo
    4