%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

  • home
  • イベント
  • 終了:第5回 日本語スピーチコンテスト開催

イベント

終了:第5回 日本語スピーチコンテスト開催

  • 受験生の方
  • 在学生の方
  • 卒業生の方
  • 保護者の方
終了:第5回 日本語スピーチコンテスト開催
開催日時

2016年10月28日(金)10:20~11:50

場所

デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス

「日本語スピーチコンテスト」はデジタルハリウッド大学で日本語を学ぶ外国人留学生の学習成果の発表の場として2012年から開催、今年で5回目を迎えました。日本語科目の各クラスから選抜された学生が朗読とスピーチの部門に分かれ日頃の成果を発表、今年も力作揃いで審査員を悩ませました。各部門の最優秀者と優秀者にはそれぞれ賞品と副賞を授与、朗読部門では甲乙つけがたい発表がされ、2名に優秀賞が贈られました。耳だけでなく目でも観客を楽しませてくれた朗読部門の映像作品も見逃せません。

event-1-speech2016

event-2-speech2016

event-3-speech2016

受賞結果

朗読部門 最優秀賞

 李 昇虎(韓国)

 陳 月(中国)

朗読詩「祈る人」(作:水城ゆう)

 

静かに思いを馳せながら祈りを捧げる人の心情を淡々と、しかししっかりと、男女ペアで表現しました。祈りに滲む思いは私たちに大切な人の存在を思い起こさせてくれます。

event-4-speech2016

朗読の様子はこちらをご覧ください

朗読部門 優秀賞

 TENGKU MUHAMMAD ALI AKBAR (インドネシア)

朗読詩「 一人きり」(作:谷川俊太郎)

 

天・地・人を縦横に描写した作品を思いを込めて表現しました。それぞれのパートで緩急や抑揚をつけながら詩の世界を再現、観客を魅了しました。

event-5-speech2016

朗読の様子はこちらをご覧ください

 章 夏凡(中国)

朗読詩「文学少年の憂鬱」(作:コヤマヒデカズ)

 

この晴舞台に立つにあたり、発表で使う映像作品の使用許諾の交渉に取り組みました。授業だけでなく、何事も成長の糧にするべく日々日本語学習に励んだ成果が結実しました。

event-6-speech2016

朗読の様子はこちらをご覧ください

スピーチ部門 最優秀賞

 金 誠(韓国)

テーマ「 自分の長所に気付かされた」

 

自分では気が付かずにいた新しい自分を発見するエピソードです。思いを寄せる初恋の相手からかけられた意外なメッセージとは。必見です。

event-8-speech2016

スピーチの様子はこちらをご覧ください

出場者一覧

朗読部門

  • 凌 日栩 (中国) / 朗読詩「ありがとう」( 作:谷川俊太郎)
  • 張 博聞 (中国) / 朗読詩「走る」(作:谷川俊太郎)
  • TENGKU MUHAMMAD  ALI AKBAR(インドネシア) / 朗読詩「一人きり」(作:谷川俊太郎)
  • 李 偉浩(中国) / 朗読詩「一人きり」(作:谷川俊太郎)
  • 田 智慧(韓国) / 朗読詩「本」(作:室生犀星)
  • 李 佳滢(中国) / 朗読詩「 湖上」(作:中原中也)
  • 季 星宇(中国) / 朗読詩「季節は次々死んでいく」(作:秋田ひろむ)
  • 章 夏凡(中国) / 朗読詩「文学少年の憂鬱」(作:コヤマヒデカズ)
  • 裵 仁浩(韓国) / 朗読詩「汚れっちまった悲しみに」(作:中原中也)
  • 李 昇虎(韓国) 、陳 月(中国) / 朗読詩「祈る人」(作:水城ゆう)

スピーチ部門

  • 何 泳珊(中国/香港) / テーマ「両親からもらった鍵」
  • TRUONG VAN VU(ベトナム) / テーマ「僕はお金より強くなった」
  • 金 誠(韓国) / テーマ「自分の長所に気付かされた」

 

event-7-speech2016

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤BH̃I[vLpX10J
  • AO2o10/17i΁j
  • C^[lbgo
    4