%()… %()… %()… %()…

デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

履修モデルについて

自分の目的にあわせて、さまざまな科目を自由に選択

本学では、自分の夢や将来の進路にあわせて、入学後自由にさまざまな領域の科目を履修することができます。
あらゆる産業が絡みあっているいま、デザイナーといった専門職や、企画などの総合職のいずれを目指すうえでも、さまざまな領域の専門技術や知識を身につけることが必要です。 1学部1学科のなかで、できるだけ多くの専門を横断して学ぶことが、これからの社会で活躍するカギとなります。

映画や映像で、考えや想いを伝えたい

映画や映像で、考えや想いを伝えたい

映像制作の基礎となる理論や知識をはじめ、企画から撮影、編集まで作品制作を通じて総合的な力を修得。CGなどほかの領域を複合的に学ぶことで、実写のCG合成など、表現の幅を広げることができます。また、映画ビジネスなどの映像産業に関する知識も深め、映画監督や映像プロデューサー、映画会社の配給・宣伝など、映像を制作するだけでなく、ビジネスに活かす力も身につけます。

3DCGで多くの人を驚かせたい

3DCGで多くの人を驚かせたい

現在、映像・ゲーム業界で最も多く使われている3DCGソフト「Maya」。このソフトの使い方を一から学び、CG映像を制作。VFX(視覚効果)や3D立体視など最先端の技術も学びます。加えてITプログラミングやゲームビジネスなどを学ぶことで、3DCGの領域だけではなく、ゲームやWeb、映画など、あらゆる業界・職種で能力を発揮できるようになります。

デザインを通して、みんなをワクワクさせたい

デザインを通して、みんなをワクワクさせたい

制作に必要なグラフィックソフトの使い方の基礎から表現方法のバリエーションを学習。色彩を科学的に学ぶ「色彩論」や「発想概論」「デザイン概論」などを通じて、発想力や表現力を養います。また、Webや3DCGなどを横断して学ぶことにより、ジャンルにとらわれない新しい表現に挑戦。幅広いメディアで活躍できる人材を目指しています。

アニメでみんなを感動させたい

アニメでみんなを感動させたい

演習を通じて、「人や物が動く原理」から動画の手法を学習。動きの原理を知ることで、リアリティのある動画制作の力を養います。さらに、アニメとCGを複合的に学び、新しいタイプのアニメーション制作も実践。脚本や演出、アニメビジネスを学ぶことで、シナリオライターや演出家、制作進行、プロデューサーなど、将来の活躍の場が広がります。
※アニメコースを選択した場合は、留学を選択できません。

Webの力で社会をもっと便利にしたい

Webの力で社会をもっと便利にしたい

Web制作に欠かせないHTML言語をはじめ、レイアウトなどを学び、Webサイト構築の能力を身につけます。教員は第一線で活躍するプロ。日々進化する業界の最新情報や最先端の技術、知識が修得できます。また、ビジネスの視点からWebを学ぶことができるので、新しいビジネスを生み出す創造力を養い、社会に向けて情報を発信する力を身につけます。

次世代のコンテンツで多くの人を楽しませたい

次世代のコンテンツで多くの人を楽しませたい

コンピュータを動かすためにはプログラミング技術が不可欠です。本学では基礎から技術が身につくようにプログラミング言語を丁寧に指導。プログラムの仕組みを基礎から理解できる授業を行っています。さらに、CGなどほかの領域を幅広く横断的に学ぶことで総合力を養い、これまでにない次世代のコンテンツを生み出す能力を高めることができます。

新しいサービスで、世の中の仕組みを変えたい

新しいサービスで、世の中の仕組みを変えたい

経営やマーケティングなど、ビジネスの知識は、あらゆる業界、企業、職種で必要とされています。本学では、社会人に必須のビジネス力を育成。実践的な学びを通じて、ビジネス感覚を養うことができます。たとえば、Webや3DCGと組み合わせた新しい商品やサービスを企画。実際に、社会で応用できるサービスとして世に送り出すまでの一連の流れを身につけることができます。

少しでも興味を持ちましたら、
資料を手にとってみてください

  • AO
  • Ґx
  • ʓ
  • NR
    4