%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

  • home
  • 公開講座
  • ゴースト・イン・ザ・シェルに見る 日本のIP(知的財産)を基にしたハリウッドでの映画製作の意義と将来性

公開講座

ゴースト・イン・ザ・シェルに見る 日本のIP(知的財産)を基にしたハリウッドでの映画製作の意義と将来性

  • 過去に開催した公開講座
ゴースト・イン・ザ・シェルに見る  日本のIP(知的財産)を基にしたハリウッドでの映画製作の意義と将来性
開催日時

2017年7月5日(水) 19:45-21:15 19:30開場

場所

デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス 駿河台ホール

定員

100名

世界でIPの価値が高まっている中、日本の大きな優位性である漫画やアニメやゲームを中心としたIPを基に、世界に通じる製作ノウハウと流通をもつハリウッドと組み、映画化やドラマ化することにより日本のカルチャーやタレントを世界に送り出していくことの意義や将来性について、「ゴースト・イン・ザ・シェル」の実例を基に、藤村特任教授自身の経験やそこから理解したことなど、生きた情報の講義を展開していただきます。

 

【講師】

藤村 哲也(ふじむらてつや)氏

デジタルハリウッド大学 特任教授

株式会社ギャガ・コミュニケーションズの創業者、株式会社フィロソフィア代表取締役社長。国内外のエンタテイメント業界の有力企業の国際映画・映像ビジネスのコンサルタントを引き受けると同時に、日本のIP(Intellectual Property= 原作となる漫画、アニメやゲームなどの知的所有権)をもとにしたハリウッドでの映画製作を手がけ、漫画を基にした初のハリウッド大作である「ゴースト・イン・ザ・シェル」のエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

 

 

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤B
  • AO4o12/12i΁j
  • ʓot
  • C^[lbgo
    4