%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

ニュース

<速報>SUMMER OPEN CAMPUS ゲストのご紹介

  • 受験生の方
  • 卒業生の方
  • 保護者の方
  • 高校の先生へ
  • 企業の方
<速報>SUMMER OPEN CAMPUS ゲストのご紹介
掲載日

2017年7月6日

 8/6(SUN) 
ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」のアニメーション制作を手掛けた
アニメーター 原島 朋幸 氏
登壇決定!

 

映像技術の進歩が日々加速する3DCGアニメーション。
世界中で大ヒットを記録した「ファインディング・ドリー」に続き、ディズニー/ピクサーが贈る待望の最新作。それは“クルマの世界”を舞台に圧倒的なスケール、まるで実写のようなリアルな映像、そして人間よりも人間らしいキャラクターたちによる感動のドラマを描く「カーズ」シリーズ最新作「カーズ/クロスロード」。

この度、デジタルハリウッド卒業生であり、ピクサー・アニメーション・スタジオのアニメーター 原島 朋幸氏 に 海外での働き方、「カーズ/クロスロード」の制作秘話などについてお話しいただきます!

【当日先着順:限定200名】

ディズニー/ピクサー最新作「カーズ/クロスロード」

人生の岐路にたつマックィーンと仲間との絆を描いた感動のドラマが幕を開ける。

 

世界中で大ヒットを記録した「ファインディング・ドリー」に続き、ディズニー/ピクサーが贈る待望の最新作。それは“クルマの世界”を舞台に圧倒的なスケール、まるで実写のようなリアルな映像、そして人間よりも人間らしいキャラクターたちによる感動のドラマを描く「カーズ」シリーズ最新作「カーズ/クロスロード」。

これまで華々しく第一線で走り続けてきた天才レーサー“マックィーン”を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。
夢の続きか、それとも新たな道か?“人生(クロス)の(ロ)岐路(ード)”に立つマックィーンの運命を左右するのは、レーサーに憧れ夢を諦めた過去を持つトレーナー、新たな相棒クルーズだった…。

前2作を監督し、本作の製作総指揮を務めるアニメーション界のレジェンド、ジョン・ラセターからバトンを受け継ぎ、これまでにカーズ・シリーズ他、アカデミー受賞作「レミーのおいしいレストラン」、「ウォーリー」、「モンスターズ・ユニバーシティ」でストーリーボード・アーティストとして支えてきた新鋭ブライアン・フィーが監督を務める。

監督:ブライアン・フィー/製作:ケヴィン・レハー/製作総指揮:ジョン・ラセター 原題:Cars 3
全米公開:2017年6月16日  配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン © 2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved

2017年7月15日(土)全国公開

原島 朋幸 氏(アニメーター / ピクサー・アニメーション・スタジオ)

神奈川県出身。電気通信大学を卒業後エンジニアとして勤務している時にデジタルハリウッドを知る。デジタルハリウッド在籍中に作成したショートフィルムが1999年にロサンゼルスで開催されたシーグラフのエレクトロニックシアターで上映される。2001年に渡米しサンフランシスコの美大、アカデミー・オブ・アートでピクサーのアニメーターが教える通称ピクサークラスを履修する。アカデミー・オブ・アート在籍時にロスアンゼルスの老舗VFX Studioのリズム・アンド・ヒューズでアニメーション・インターンとして「ガーフィールド2」の制作に携わる。その後DreamWorks AnimationとPDI/DreamWorksにてアニメーターとして「ヒックとドラゴン1、2」や「マダガスカル2、3」などの制作に携わる。ピクサーでは「アーロと少年」、「ファインディング・ドリー」、最新作「カーズ/クロスロード」の制作に携わる。

 8/20(SUN) 
ゲームAI開発者が語る「AIがもたらす新しい世界を、生き抜くためにできること」
日本デジタルゲーム学会理事
三宅陽一郎氏
登壇決定!

 

人工知能(AI)は今、 さまざまな社会の可能性を生み出す原動力として期待されています。
この度、大手ゲーム会社のAIリサーチャーとして、『人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』等の書籍で有名な人工知能の研究者である三宅陽一郎氏にご登壇頂き、AIとは何か、AIの役割についてを、ゲームでの活用事例を元にお話し頂きます。
また、AIによる今後のゲームの可能性や、さらには未来はどう変わっていくのか?、少し先の未来 ー高校生の皆さんが社会に出る頃はどうなっているのかー を知ることのできるプログラムです。

【当日先着順:限定200名】


三宅 陽一郎 氏( AIリサーチャー )

ゲームAI開発者。 人工知能学会編集委員、 日本デジタルゲーム学会理事、 芸術科学会理事、 国際ゲーム開発者協会日本ゲーム AI 専門部会代表、 デジタルコンテンツエキスポ委員、 CEDECアドバイザリーボード.デジタルゲームにおける人工知能技術の理論的確立と実際のゲームタイトルへの具体的導入に従事。

単著『人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』(技術評論社、2016)
単著『人工知能のための哲学塾』(BNN 新社、 2016)
共著『絵でわかる人工知能』(SBCr, 2016)
『デジタルゲームの教科書』(SBCr、 2010)、『デジタルゲームの技術』(SBCr、 2011)、
翻訳監修『ゲームプログラマのためのC ++』(SBCr、 2011)、 『C ++のための API デザイン』(SBCr、 2012)、
監修『最強囲碁AI アルファ碁 解体新書』(翔泳社, 2017)。
ディジタルコンテンツシンポジウム 第 4 回 船井賞受賞(2008)、 CEDEC AWARDS 2010 プログラミング・開発環境部門優秀賞、 日本デジタルゲーム学会 2011 年若手奨励賞受賞。

 

デジタルハリウッド大学 夏のオープンキャンパスのご予約は<コチラ>から!

 

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤BH̃I[vLpX10J
  • AO2o10/17i΁j
  • C^[lbgo
  • DHU_CWFXg
    4