%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

オープンキャンパス

終了:夏のオープンキャンパス2017

  • オープンキャンパス
  • 入試対策講座
終了:夏のオープンキャンパス2017
開催日時

2017年8月20日(日) 13:00~17:00(開場12:30)

場所

デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3階)

アクセス

JR「御茶ノ水駅」聖橋口より徒歩1分/東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B2出口直結/丸の内線「御茶ノ水駅」より徒歩4分/ JR「秋葉原駅」より徒歩9分/都営地下鉄新宿線「小川町」より徒歩6分

定員

150名 ※PCを使った体験授業は【限定60名】の定員あり。当日受付にて整理券を配布しますので、お早めにお越しください。

参加費

無料(ご予約無しでも参加可能ですが、事前予約いただいた方には参加特典をご用意しています)(予約受付は終了しました)

 

 世界は、もっと楽しい。

突然ですが、あなたは、今、楽しいですか?
もし「あんまり楽しくないな」「全然楽しくないんだけど」って思っている人がいたら、ちょっとだけ話を聞いてほしいんです。

わたしたちデジタルハリウッド大学のスローガンは、"Entertainment. It's Everything!"
エンタテインメント、つまり、楽しいことがすべてです、と言い切っちゃってる大学です。だから、あなたにも楽しくなってほしい。

これからの世界をもっと楽しむためのキーワードは、「クリエイティブ」「グローバル」「テクノロジー」の3つ。
なんでこの3つなの? ほんとにそれで楽しめるの? と思ったみなさん。そしてもちろん、楽しそう! と思ったみなさん。

オープンキャンパスでお待ちしています。

 

開催済み 2017年7月30日(日)  CREATIVE DAY 13:00-17:00(12:30開場)

特別講演 : クリエイティブ業界の最前線で活躍する卒業生が語る「デジタルハリウッド大学100%活用術 」

卒業生と学長による特別なトークセッションを開催!「DHUを選んだ理由は?」「高校の授業との違いは?」「大学時代はどのように勉強をしていたの?」「卒業後はどんな仕事をしているの?」・・・など、高校生が気になる”卒業生のホンネ”に迫ります。
広告企画、ゲームなど様々な分野で活躍する卒業生たちのトークが楽しめるチャンスです!
(※登壇者は変更になる可能性があります。)

体験授業1:映像【アクション映画のワンシーンを作ってみよう!】

ハリウッドでもおなじみのソフト、After Effectsを使い、グリーンバックでの合成&レイヤーを組み合わせて、映画のワンシーンの制作をします。

lecture-main3-otonaoc担当教員:大島ダヴィッド 非常勤講師

大手企業からストリートシーンまで、幅広いジャンルのPRコンテンツを制作、プロデュースしてるビデオグラファー。スイス名門、College de l'Abbaye de St Mauriceを卒業後、2006年に日本へ来日。 デジタルハリウッド大学、そしてデジタルハリウッド大学大学院を修了し、東京でフリーランス・ビデオグラファーとして活動。ストリートシーン専門のyoutubeチャンネルを2010年にオープンし、今は世界でも名が知られてる[Viruksen Production]として様々な分野で映像やデザインを手がけている。VIRUKSEN PRODUCTION代表。

 
 

体験授業2 : グラフィックデザイン【ユーモアの効いたポスターを作ろう!】

魔法の画像編集アプリPhotoshopを使って広告の中心になる写真を加工し、背景と合わせます。また、Illustratorを使い、ユーモアの効いたコピーを配置して電車の中吊り広告を制作しましょう。

lecture-main3-otonaoc担当教員:HAL_ 准教授
PCを使った自然な表現手法によるポートレート作品を制作発表、グラフィックアプリ解説書、iPad絵本など37冊出版。ス什器デザイナー、ファンシーグッズプロデューサー、ファッションデザイナー、金属彫刻家として活躍後、コンピューターの中でのデジタル版画の世界を構築、現在の活動中心はiPhoneケース展のアートディレクターとして若手アーティスト支援を行っている。 カナダCOREL社のPainter Masterとして正式登録、COREL Japan からはPainter エバンジェリストとして認定、デジタル関係書籍テクニカルライター、エスタンプヌーメリック作家、 e-space会員、横浜ジョイントワークス会員、 aiD'en会員、Digital Image 会員、デジタルハリウッド大学講師、韓国KIDP客員教授、受賞歴・現展新人賞、現展奨励賞、多摩現展賞、等。 
 
 

開催済み 2017年8月6日(日)  GLOBAL DAY 13:00-17:00(12:30開場)

特別講演 : 「世界を舞台に生きていく」~「カーズ/クロスロード」を手掛けたPIXARアニメーター原島朋幸氏による特別講義

映像技術の進歩が日々加速する3DCGアニメーション。世界中で大ヒットを記録した「ファインディング・ドリー」に続き、ディズニー/ピクサーが贈る待望の最新作。それは“クルマの世界”を舞台に圧倒的なスケール、まるで実写のようなリアルな映像、そして人間よりも人間らしいキャラクターたちによる感動のドラマを描く「カーズ」シリーズ最新作「カーズ/クロスロード」。
この度、デジタルハリウッド卒業生であり、ピクサー・アニメーション・スタジオのアニメーター 原島 朋幸氏 に 海外での働き方、「カーズ/クロスロード」の制作秘話などについてお話しいただきます!
【当日先着順:限定200名】

lecture-main3-otonaoc

原島 朋幸 氏(アニメーター / ピクサー・アニメーション・スタジオ)
神奈川県出身。電気通信大学を卒業後エンジニアとして勤務している時にデジタルハリウッドを知る。デジタルハリウッド在籍中に作成したショートフィルムが1999年にロサンゼルスで開催されたシーグラフのエレクトロニックシアターで上映される。2001年に渡米しサンフランシスコの美大、アカデミー・オブ・アートでピクサーのアニメーターが教える通称ピクサークラスを履修する。アカデミー・オブ・アート在籍時にロスアンゼルスの老舗VFX Studioのリズム・アンド・ヒューズでアニメーション・インターンとして「ガーフィールド2」の制作に携わる。その後DreamWorks AnimationとPDI/DreamWorksにてアニメーターとして「ヒックとドラゴン1、2」や「マダガスカル2、3」などの制作に携わる。ピクサーでは「アーロと少年」、「ファインディング・ドリー」、最新作「カーズ/クロスロード」の制作に携わる。
 
 

体験授業1 : 高校生のための「哲学入門」~世界の裏側を理解するためのリベラルアーツ

皆さんが将来、仕事をしていく上で必要なのは専門的な知識・技術だけでなく、様々な考え方やアプローチができるような“総合力”と言われています。 “哲学”と言うととっつきにくいイメージがありますが、そんなことはありません。皆さんが好きなコンテンツの全てに繋がっているもの。この授業でその世界を覗いてみませんか?

lecture-main3-otonaoc担当教員:渡辺 パコ 教授
デジタルハリウッド大学教授/デジタルハリウッド大学院客員教授/グロービスマネジメントスクール講師
1960年生まれ、 東京都出身。 学習院大学文学部哲学科卒。
コピーライター/クリエイティブディレクターを経て、 ロジカルシンキングスキルの育成、 教育に従事。 育成の実践と、 そのメソッド開発を専門とし、 また論理思考を現場に提供するコンサルティングやファシリテーションも行う。
2009年の民主党政権下の行政刷新会議 事業仕分け民間仕分け人など行政関係の職歴もある。
リベラルアーツ(教養)教育にも独自の実践を展開しており、 デジタルハリウッド大学の教養系科目のプランニングも担当している。
著書に「頭がいい人の「論理思考」の磨き方」「初めてのロジカルシンキング」(いずれもかんき出版)などがある。  
 

体験授業2 : DIGITAL MEETS ENGLISH ! ~DHU式英語学習法~

デジタルハリウッド大学(DHU)の英語科目のひとつ”Content English”では、Movies, Design, Music, Art&Religionなど、DHUで学べる専門分野について英語でインプット・アウトプットする練習をしていきます。今回は「Gaming=ゲーム」をテーマに、英語の体験授業を行います。 ●英語が好きな方 ●英語は苦手だけどゲームは好きな方 ●大学でどんな英語の授業があるのか気になっている方 みなさん、ぜひご参加ください!

担当教員:James Charlton 非常勤講師
Hi, I’m James, I’m originally from the UK, and I love video games! I teach English communication and production here at DHU.
I also teach a special Gaming class to second graders where we learn all about international game history, culture, and much more.
If you are interested in trying it, please come to my sample lesson at the open campus!
Please come and talk to me about games in English or Japanese. I look forward to meeting you all there!
 

 

開催済み:2017年8月20日(日) TECH DAY 13:00-17:00(12:30開場)

特別講演 : ゲームAI開発者が語る「AIがもたらす新しい世界を、生き抜くためにできること」

人工知能(AI)は今、 さまざまな社会の可能性を生み出す原動力として期待されています。この度、大手ゲーム会社のAIリサーチャーとして、『人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』等の書籍で有名な人工知能の研究者である三宅陽一郎氏にご登壇頂き、AIとは何か、AIの役割についてを、ゲームでの活用事例を元にお話し頂きます。また、AIによる今後のゲームの可能性や、さらには未来はどう変わっていくのか?、少し先の未来 ー高校生の皆さんが社会に出る頃はどうなっているのかー を知ることのできるプログラムです。

 

lecture-main3-otonaoc 三宅 陽一郎 氏( AIリサーチャー )
ゲームAI開発者。 人工知能学会編集委員、 日本デジタルゲーム学会理事、 芸術科学会理事、 国際ゲーム開発者協会日本ゲーム AI 専門部会代表、 デジタルコンテンツエキスポ委員、 CEDECアドバイザリーボード.デジタルゲームにおける人工知能技術の理論的確立と実際のゲームタイトルへの具体的導入に従事。
単著『人工知能の作り方 ――「おもしろい」ゲームAIはいかにして動くのか』(技術評論社、2016) 単著『人工知能のための哲学塾』(BNN 新社、 2016) 共著『絵でわかる人工知能』(SBCr, 2016) 『デジタルゲームの教科書』(SBCr、 2010)、『デジタルゲームの技術』(SBCr、 2011)、 翻訳監修『ゲームプログラマのためのC ++』(SBCr、 2011)、 『C ++のための API デザイン』(SBCr、 2012)、 監修『最強囲碁AI アルファ碁 解体新書』(翔泳社, 2017)。 ディジタルコンテンツシンポジウム 第 4 回 船井賞受賞(2008)、 CEDEC AWARDS 2010 プログラミング・開発環境部門優秀賞、 日本デジタルゲーム学会 2011 年若手奨励賞受賞。

体験授業1 : 世界標準の3DCGソフト「Maya」を使った3DCG制作体験

世界のゲーム、映像業界で標準的に使用される3DCGソフト「Maya」。今回の授業では、本学の授業で実際に使用する教材を用いながら制作します。

lecture-main3-otonaoc担当教員:黑田順子 教授
イラストから3Dまで数々の受賞歴を誇る気鋭のデザイナー。女子美術大学芸術学部油絵専攻卒業後、渋谷区立代々木中学校美術科教諭に就任。同校退職後、フリーイラストレータとして活動を開始し、東京女子学院での美術講師も担当する。電通アドギャラリー主催の「気鋭のイラストレーター100人展」に2度出展他、作品展参加。東京ディズニーランド開園5周年記念イラストコンテストで手塚治虫氏よりグランプリ受賞、童画グランプリレモン画翠賞を受賞する他、コンテストへ参加。キャラクタデザインの仕事から2DCGの制作を開始し、MACでの制作からUNIXでの制作に移行し、ビル管理システムの開発に参加、グラフィックユーザーインターフェイスのデザインを担当する。UNIX上でのCG制作に興味を持ち、3DCGによる制作を開始し、VSLにて「佐賀炎の博覧会」用モーションライドCG映像制作、IMJにてオンラインショッピングモール「ぷらら」の開発などに参加する。1996年4月よりデジタルハリウッド本科にて、 PRISMS、ALIAS、MAYAの講師とテキスト制作を担当しており、ゲーム業界、CG映像業界に多数の卒業生がいる。 

スマート○○を作ろう!~IoTってなんだろう?~<NEW!>

すべてのものがネットに繋がり、ボタンひとるで食料品や日用雑貨が届く時代。私たちの生活に欠かすことのできないこうした「しくみ」は、どのように作られているのでしょうか?ロボットデザイナーの星野先生と一緒に、ブレッドボード(試作用の電子基板)を使ってちょっと役立つ電子装置をつくってみましょう!

lecture-main3-otonaoc担当教員:星野 裕之 教授
ロボットデザイナー、OTUA inc. 、KANDA ROBOTICS代表。1996年 デジタルハリウッドにて3DCGを学ぶ。2000年 ERATO北野共生システムプロジェクト 松井龍也氏アシスタントを務める。 2001~09年 フラワーロボティクス社にて主にロボットデザイン、製造を担当する。IFデザインアワード、グッドデザイン賞受賞。2009年 OTUA株式会社設立。グッドデザイン賞受賞。2014年 KANDA ROBOTICSハードウェアスタートアッププロジェクトを始める。2015年 NEDO TCPプログラム採択。2016年 経産省ものづくり白書へ掲載。世界を、テクノロジーとデザインで幸せにしたいと考えています。

 

体験授業3 : 初めてのゲームプログラミング制作体験

本学卒業生による特別授業を実施します。在学中に制作したVR脱出ゲームは、予約で3日間満員御礼!
当日はJavaScriptというプログラミング言語を使い、ゲームを制作します!
※作品展示ブースでは、その脱出ゲームを体験していただけます。

【以下は、昨年の夏のオープンキャンパスの様子です】

 国内外のコンテンツ業界で活躍するゲストを迎えた特別講義

news_15_soc

news_1_soc

 

 DHUで学ぶことの意義がわかる!デジタルハリウッド大学説明会

news_5_soc

news_29_soc

 

 最新の技術を体感!DHU教員による模擬授業

news_5_soc

news_29_soc

 

 何でも相談できる!本学在学生による相談コーナー

news_5_soc

news_29_soc

 

 見る!触る!体感する!学生作品展示コーナー

news_5_soc

news_29_soc

 

 今年度も学生、教職員一同、皆様をお待ちしています

news_5_soc

news_29_soc

news_5_soc

news_29_soc

 

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤B
  • AO4o12/12i΁j
  • ʓot
  • C^[lbgo
    4