%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

在学生紹介

門間陽奈里さん

絶対に行かないと思っていた大学で、 好きなことに夢中になっています。

門間陽奈里さん

門間陽奈里さん2017年度入学
都立豊多摩高校出身

大学に入る前のことを教えてください。

振り返ると中学時代はとてもよく頑張っていた気がします。勉強も、陸上部の部活も、委員会の委員長も、ぜんぶ頑張りました。目立つのが好きだったのかもしれないです。高校は第一志望の学校に入れました。でもそこから3年間、やりたいことがなかなか見つかりませんでした。友達に負けたくないという気持ちはあったので、受験勉強は頑張りました。でも選ぶ基準は偏差値くらいで、心から行きたいと思う大学はなかったんです。

デジタルハリウッド大学に進路したのは、なぜですか?

最初は模試の大学一覧で見つけました。内容もよく知らず、当初は絶対に行かない大学だとそのときは思っていました。受験勉強の息抜きに観ていたYouTubeのなかで特に好きな映像制作者が居て、その人が映像制作を学んでいることを知りました。自分も映像制作には興味がありましたし、何か「手に職」というか、技術を身につけたいと思っていました。そこでデジタルハリウッド大学について調べてみました。
Webサイトをじっくり見て興味を持ち、オープンキャンパスにも行ってみると、「ここが良いかも」と思うようになりました。進学先として4年制大学は譲れなかったし、映像以外を学ぶ人とも交流できそうで、留学生が多いのも面白そう。
親に自分の気持ちを正直に伝えたら、最初は少し考えていましたが、やがて応援してくれるようになりました。きっと、私が受験勉強自体を頑張っていたうえで判断したということを、親も尊重してくれたんだと感じています。

大学に入学してからはどのように過ごしていますか?

大学の友人たちは、自分たちの興味のあることを堂々と話していて、その文化がとても面白いと感じています。また自分たちで何かやろうと考えた人たちが、一緒にやろうと誘ってくれることも多いです。自分はパソコン自体も何かを創ることも初心者なので、正直難しいと感じる授業も多いですが、好きなものがはっきりしているので頑張れると思います。実は高校までの友人たちにはこの大学に進学したことを最初は言いづらかったんです。でも気の許す友人たちに話したところ、好きな映像制作を一生懸命やろうとしていることをすぐに理解してくれたみたいです。「やりたいことがあった、それを目指して進んでいるのはかっこいい」と言われたときは嬉しかったです。

今後はどのように、自分を生きていきたいですか?

私は観た人の記憶に残り続けるような映像づくりに携わりたいと思っています。入学後は結婚式の映像制作のお仕事をしたりして、少しずつ映像のことを覚えています。周囲の意見を気にせずに、自分がしたいと思うことを信じて、自分の道を行くような生き方が良いですね。ある時期までは「周囲の人より偏差値の高い大学に行きたい」としか思っていなかったですが、いまはそれほど周りのことは気にならないし、周りも自分のことをそんなに気にしていなかったんだと思います。

Share

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ݂Ȃ𐶂ȁB𐶂悤BH̃I[vLpX10J
  • AO2o10/17i΁j
  • C^[lbgo
    4