Webデザイナーのスキルが人生に役立つ5つの理由

「クリエイティブな仕事をしたい。でも、具体的にやりたいことはわからない」という方はいませんか?

そういった方は、Webデザインの学習をおすすめします。どんな職業に就いたとしても、Webデザイナーのスキルは無駄にならないどころか、人生をより豊かにしてくれるからです。

この記事では、Webデザイナーのスキルが人生に役立つ理由を、5つのポイントに沿ってお伝えします。

<目次>

  1. Webデザイナーとは
  2. Webデザイナーの仕事内容
  3. Webデザイナーの将来性
  4. Webデザイナーのスキルが人生に役立つ5つの理由
  5. まとめ

1. Webデザイナーとは

Webデザイナーとは、その名の通り、Webサイトのデザインを行う人のことです。

クライアントが求めるWebサイトを作るために、美しいデザインと、機能的な構成を提案し、実際にコーディングを行う役割を担っています。

2. Webデザイナーの仕事内容

Web

Webデザイナーにとって、デザイン作業は、全体の中の一部に過ぎません。デザインを行う前と後に、重要な行程が多くあります。

デザインを行う前には、クライアントの「ヒアリング」、競合サイトの「調査・分析」、コンセプトや構成を決める「サイト設計」、そしてコンテンツを決める「画面情報設計」を行います。クライアントの課題解決につながる企画と情報設計でなければ、いくら美しいデザインを施しても効果がなく、ここが極めて重要な行程と言えます。

そしていよいよ「デザイン」です。ここまでに制作した戦略に基づき、魅力的なビジュアルを制作します。Illustrator, Photoshopなどのグラフィックソフトを使い、カラーやレイアウトの調整や、写真素材を加工などを行います。

デザインが終わると、HTMLなどの文字列で構成する「コーディング」、更新しやすいシステムなどを構築する「プログラミング」を行います。この行程では1文字でも記述を誤ると正しく表示されないため、緻密な作業を行うことが必要です。そして最終確認を行い、Webサイトが完成します。

この一連の作業は、Webデザイナーが一人で全てを行うこともあれば、他の職種の人と協力して行うこともあります。チームで行う場合には、以下のような様々な役割が必要となります。

Web

画面情報設計を行う「UI/UXデザイナー」、コーディングを行う「マークアップエンジニア」、裏側のシステムを構築する「プログラマー」。技術職以外にも、全体をまとめる「プロデューサー」、ヒアリングと企画を行う「プランナー」、進行管理を行う「ディレクター」、「アシスタントディレクター」など、様々な役割の専門家がチームを組んで、一つのWebサイトを完成させていきます。

一般的に、制作会社の会社員であれば、上記のようにチームを組んでWebサイトを制作します。フリーランスとして個人で活動する場合には、一連の制作行程に加えて、経営、経理、営業も自分自身で行う場合があります。一言でWebデザイナーと言っても業務は幅広く、担う範囲は人によってさまざまです。

3. Webデザイナーの将来性

インターネットが生活の隅々にまで浸透しているこの時代、Webサイトの制作はあらゆるビジネスにおいて必要不可欠であり、需要は今後も伸びていくでしょう。

特に、誰もがスマートフォンを通じて膨大な情報にアクセスできる今、瞬間的にメッセージを伝えられる「デザイン」の力が強く求められています。

人を惹き付ける視覚効果や、優れた情報設計を提案できるWebデザイナーは、これからも様々なシーンで活躍できる可能性のある仕事です。

4. Webデザイナーのスキルが人生に役立つ5つの理由

Webデザイナーのスキルは、どんな仕事においても活かすことができます。

Webデザイナーを目指す人はもちろん、そうではない人にとっても、Webデザインを学ぶことが有益である5つの理由についてお伝えします。

[1]デザイン思考が身につき、クリエイティブな課題解決ができる

デザイン思考とは、近年ビジネスマンの注目を集めている思考法で、どんなビジネスにおいても活用できる「デザイナー的」な考え方のことです。

クライアントのニーズを正しく把握し、仮説・プロトタイプ・検証のサイクルをスピーディーに繰り返しながら、新しいアイデアとデザインを創出する。このデザイナー特有のアプローチを遂行することで、あらゆるビジネスの課題解決の場面にて、クリエイティブな提案力を発揮できます。

Webデザインを学ぶことは、ビジネスマンとしての根幹を鍛える思考のトレーニングになるでしょう。

[2]ロジカルシンキングが身につき、仕事や生活の効率化につながる

Webデザイナーの特徴として、デザインだけに留まらず、コーディングやプログラミングを行う点が挙げられます。

プログラミングとは、コンピューターに対して、正確な命令を1から10まで組み込む作業のことです。コンピューターは人間とは違い、依頼者の意図や文脈を汲み取ることはしないので、全ての命令をもれなく誤りなく文字列で書いていく必要があります。

その緻密な作業を行うことによって、ロジカルシンキング、つまり論理的思考力が身につきます。論理的思考力とは、複雑な物事を整理して因果関係を解きほぐし、結論までの道筋を矛盾なく、シンプルかつわかりやすく示すことです。

その結果、たとえば説得力のあるプレゼンができたり、時間の浪費を軽減して余裕のある豊かな暮らしを実現したりと、人生を豊かにすることにつながります。

[3]デジタルテクノロジーに満ちた現代世界で、生き抜いていく知見を養う

Webデザインを学ぶことは、インターネット世界の基本を理解し、デジタル時代を生き抜くコミュニケーション力を身につけることにつながります。

Webサイトは、制作して終わりではなく、来訪するユーザーとの絶え間ないコミュニケーションが生じます。集客ルートの分析と改善、SNSや広告を利用した戦略立案と実行が必要となり、最新のデジタルマーケティングの知識を学び続ける必要があります。

その過程の中で、メディアリテラシーと発信力を養うことができます。デジタルコミュニケーションを得意とし、マーケティングに貢献できる人材は、どんなビジネスにおいても求められ、キャリアの可能性が広がります。

[4]多様なキャリアの選択肢がある

Webデザイナーのスキルを得ると、今後のキャリアの選択肢が増え、より自分らしく、自由に生きていくことを可能にします。

Webデザイナーは、インターネットとPCがあれば場所を問わず仕事ができるため、フリーランスとして個人で活動する方も多いです。また会社員として勤務する場合にも、リモートワークを活用しやすいケースが比較的多く、「自宅やカフェで自由に仕事がしたい」「海外で暮らしたい」という、様々な希望を叶えやすくなります。

今後、育児や介護などのライフイベントにより、働き方を変えなくてはならない場面が訪れるかもしれません。その時に、時間や場所などの制約にとらわれずに働けるスキルがあるということは、キャリアの選択肢を増やし、自分らしい人生をデザインすることにつながるでしょう。

[5]何より、自分自身を世界に発信できる

Webデザインを習得することで数々のメリットがありますが、何より素晴らしいことは、自分の制作したWebサイトを、世界中の誰にでも届けられるという点ではないでしょうか。

斬新なデザインで人をあっと驚かせたり、無名なサービスを世の中に広めたり、Webサイトには様々な可能性があります。世界中の反応をダイレクトに受けられることは、Webデザインの大きなやりがいです。

仕事以外にも、たとえば音楽やイラストなどの趣味を発信することもできます。メディアを自由に立ち上げられるということは、いかなる目的を持った時にも、自らの可能性を広げてくれるはずです。

5. まとめ

Webデザイナーのスキルは、自分らしいキャリアを築くため、そして自分らしい表現をし続けるために大きく役立ちます。

まだ将来の目標が決まっていない方にとっても、デジタルコミュニケーションの本質を学びつつ、成果を確認しながら改善を繰り返すことができるWebデザインの学習は、最も汎用性が高く、人生の選択肢をあらゆる形で広げてくれるのではないでしょうか。

ますます複雑化するデジタル社会において、自分を生きるための一つのスキルとして、ぜひWebデザインを学んでみてください。

ホーム