グラフィックデザインの仕事や求められるスキルとは?これからの時代に活躍できるグラフィックデザイナーを目指す。

ポスターや雑誌広告などのビジュアルデザインを行うグラフィックデザイナー。テクノロジーの進化に伴ってデジタルメディアが発達し、紙媒体アイテムの需要が減りつつある一方、Web、スマホアプリ、モーショングラフィックス等のジャンルに携わるデザイナーも増え、「グラフィックデザイン」の領域は変化しつあります。

この記事では、グラフィックデザインの仕事や求められるスキル、将来性など、グラフィックデザイナーの今とこれからについて考えていきます。

<目次>

  1. グラフィックデザインとは
  2. グラフィックデザイナーの仕事内容とは
  3. グラフィックデザイナーの将来性

1. グラフィックデザインとは

視覚デザインの領域に属しており、主に印刷メディアにおいて、文字・絵・図・写真等を利用し情報やメッセージを伝えるデザインです。美的側面を伴うビジュアルコミュニケーション手法の一つでもあります。
制作物としては、ポスター、DM、新聞・雑誌広告、チラシ、カタログ、本、雑誌、パッケージ、ロゴマーク、公共施設のサイン表示など多岐にわたっています。

近年はテクノロジーの進化に伴ってデジタルメディアが発達し、紙媒体アイテムの需要が減りつつあるのが現状ですが、Web、スマホアプリ、モーショングラフィックス等のジャンルにも携わるデザイナーも増え、「グラフィックデザイン」の領域も変化しつつあります。
一方で、「グラフィックデザイン」を習得するために学ぶ空間構成、色彩、タイポグラフィー、情報伝達技能は様々な分野に応用でき、役に立つ基礎力です。

2. グラフィックデザイナーの仕事内容とは

広告制作会社、企業の宣伝部、デザイン会社、印刷会社などが主な勤務場所で、主にクライアントから依頼を受けた案件を一定期間内に制作します。
多様なツールを作成する会社では様々な業界のクライアントと仕事をすることになり、好奇心の高い人にとっては、出会いの多い魅力的な職業です。

チームの一員として働く

営業担当、プランナー、アートディレクター、コピーライター、カメラマン、スタイリスト等とチームで作品を完成させる、やりがいのある仕事です。

また、フリーランスとしての活動も可能で、絵本や雑誌などの企画制作に携わったり、小規模企業や店鋪のロゴやカードなどのツールデザインを依頼されることもあります。

グラフィックデザインの仕事の流れ(例)

  • 受注
  • 打ち合わせ:クライアント及び社内での会議
  • 企画:方向性、内容を確認後、スケジュールを含めたプランを立てる
  • デザイン:企画をもとにチームメンバーとすり合わせをしながら、デザイン案を複数案出す
  • 提案:クライアントへのプレゼンテーション
  • 調整:修正、変更を行う
  • 入稿:確認後印刷所へ入稿データを送る
  • 印刷:印刷会社
  • 納品:完成品をクライアントに届ける

グラフィックデザイナーに求められるスキルとは

  • Adobe Illustrator、Photoshop、Indesign等のグラフィック作成ソフト
  • デザインアイデアを考える企画力
  • 効果的かつ伝わる形を創造するデザイン表現力
  • 周囲と意思疎通をするコミュニケーション力
  • デザイン意図を伝えるプレゼンテーション力

3. グラフィックデザイナーの将来性

近年、米国ではカタログなどの紙媒体の価値が見直されてきている上に、広告においてもデジタル媒体との混成が当たり前で、グラフィックデザイナーの需要は保たれていくでしょう。
また、1でも述べましたが、身に付けたグラフィックデザインスキルだけでも他分野への応用が効き、力を発揮できるはずですが、WEB、映像、CGなどの知識を学びスキルを積み上げていくと、更に活躍の場は広がります。特に現在ニーズの高いWEBリテラシーを身に付ける事で得られるメリットは大きいと言えます。

デザイナーに求められるスキルに加えて、クライアントから希望や問題点を聞き出すヒアリング力、解決方法を提案するコンサルティング力、ふさわしい形へ導くディレクション力等多面的なスキルに長ければ、将来性は高く安定したものになるはずです。

ホーム