%()… %()… %()… %()…


デジタルハリウッド大学【DHU】- Digital Hollywood University

専門教育

先端メディア表現

4K映像やプロジェクションマッピングなど、新しいメディア表現を研究し創造する

先端メディア表現の作品

SNS、ビッグデータなどデジタルがもたらした新しい環境・ビジネスは、実に多岐にわたります。

そしてそこには、まだまだ大きな可能性が秘められていると言えるでしょう。

DHUは、常に社会の動きを見据えながら最新のデジタル知識と表現を学び、いまだ世の中に登場していないメディアや表現を研究し、創造。

豊かな発想力と高い技術力で未来をつくる人材を育みます。

学びの特色

4K映像、プロジェクションマッピングなど、最先端のテクノロジーを研究

プロジェクションマッピング、バーチャルリアリティに特化したヘッドマウントディスプレイ、3Dプリンター、ウェアラブル端末(スマートウォッチ、メガネ)など、現代の最先端テクノロジーについて知見を深め、表現手法を研究。

最新鋭のメディアだけでなく、ソフトの開発・表現手法についても学ぶ

最新のテクノロジー機器だけでなく、プロジェクションマッピング、AR、アプリなど、ソフトウェアについても学習。2Dや3D、実写など表現手法まで研究し、先端技術を活かした表現やツールを制作していきます。

マーケティング手法など、ビジネスも最新の手法を研究

ARを活用した広告など、最先端のメディアやデバイスとビジネス科目を組み合わせることで、新たなマーケティング手法なども研究。ビジネスでの可能性も探っていきます。

授業紹介

  • 杉山ゼミ 杉山ゼミ 毎回先端メディアなどを取り上げ、実社会で活用するための手法やアイディアを模索・研究。さまざまな視点からの意見が飛び交い、活発な議論へとつながっていく学びの場です。
    • 先端メディア表現
  • 香田ゼミ 香田ゼミ 学生がそれぞれの自分の得意とする分野の技術を駆使してオリジナルのゲーム制作等をおこなっています。卒業生の中には、卒業生作品が商品化されPS4から配信されました。
    • ゲーム・プログラミング
    • 先端メディア表現

4年間の流れ

1年次 [前半]

DHU生としての基礎力の醸成

デジタルコミュニケーション論にてDHU生としてのフィロソフィーを理解し、アクティブラーニング、社会力、ロジカルシンキングなどを通じ、大学生としての基礎力を身につけます。専門領域に関するデジタルツールなどの基本的な使い方や表現の基礎知識も、この時期に修得。

1年次 [後半]

2年次 [前半]

多様なデジタル表現の基本を幅広く学ぶ

特定のジャンルにしばられることなく、映像やCGプログラミングなど幅広いデジタル表現について基礎から学習していきます。

2年次 [後半]

3年次 [前半]

ビジネスに関連づけつつデジタル表現を追及

複数の領域におけるデジタル表現を学ぶとともに、ビジネスの知識も修得。両者を結びつけて考察する力を身につけます。

3年次 [後半]

4年次 [後半]

学びの集大成として独自の作品づくりを手掛ける

ゼミで4K映像など最先端の表現技術を研究し、卒業制作として企画から公開まですべてをコントロールしながら、学んだ知識や技術を用いて独自の作品を制作します。

推奨科目例

C言語プログラム演習/C++プログラム演習/ゲーム開発演習/スマートフォンアプリプログラム演習/リアルタイムグラフィックス技術/現代メディア表現/インターネットマーケティング 他

教員紹介

卒業生の紹介

少しでも興味を持ちましたら、
資料を手にとってみてください

  • ẴI[vLpX
  • DHU_CWFXg
    4